グッドイヤーウェルト製法は雨の日でも活躍する革靴?その理由とは?

 

雨の日でも革靴を履いて外出しなければならない。そういったことは日々の生活の中ではよくある話です。
革靴はそもそも雨にさらすようなものではありませんが、それでもそんな日には革靴は履かずにスニーカーを履くようなことをするビジネスマンはいません。
グッドイヤーウェルト製法の靴は天気が悪い日にも活動できると言われていますがそれは何故なのでしょうか?
特におすすめなのはどういったグッドイヤーウェルト製法の革靴なのかということも含めてご案内します。

 

マッケイ製法に比べ防水性が高い

マッケイ製法の革靴は雨の日には全く向いていませんので、マッケイ製法の靴を履いている日はグッドイヤーウェルト製法を履いている日よりもさらに気をつけましょう。
グッドイヤーウェルト製法は防水性が高く、天気が悪い日でも安心することができます。とは言え、革でできている靴のため水には濡らさないほうがよいです。
突然の雨にあった時などは、なるべく速やかに濡れない場所に行った方が良いでしょう。

ただ、どうしてもそんな日に活動することになるのであれば、グッドイヤーウェルト製法のものを履いて活動することはできますので、できるだけ水たまり等を踏むことのないよう最低限気をつけましょう。

 

前提としてラバーソールを選ぶようにしましょう

雨の日の外出で気をつけるべきことは滑って転ばないようにすることです。レザーソールは滑りやすくなるため危険な場合があります。
また、それ以外にも水が染み込んでしまうリスクもあるため、そんな日に活動することが想定される場合はおすすめできません。
ラバーソールは、レザーソールのように水が染み込んでしまうことはありませんし、つるつるとして滑りやすいということもありません。

雨の日の活動をする可能性がある場合、前提としてラバーソールのものを履くようにしましょう。

 

オススメのラバーソール【ダイナイトソール】

そして、ラバーソールの中で最もおすすめできるのが、ダイナイトソールです。
ダイナイトソールはその特徴として、滑りにくいソールであるということがあります。

グリップ力の高いソールであり、雪の日でも滑ってしまうリスクを抑えることができます。
天気が悪い日の活動が想定される場合におすすめのラバーソールはダイナイトソールです。

 

おわりに

グッドイヤーウェルト製法の革靴が雨の日におすすめの理由やおすすめするポイントについてご説明いたしました。雨の日も革靴を履くようでしたら、グッドイヤーウェルト製法の革靴は活躍するのでおすすめです。