できるビジネスマンほど革靴にこだわる?

 

優秀なビジネスマンは、そうでないビジネスマンと比較し、身だしなみにこだわっている傾向があります。
そしてその中でも特に足元への強いこだわりを持っていることも少なくありません。
本記事では、できるビジネスマンが革靴にこだわっている理由についてご説明いたします。

 

できるビジネスマンが革靴にこだわる理由

昔から「足元を見る」という言葉があるように、その人の「人となり」や「品格」は足元に現れます。
できるビジネスマンはそのことをよく知っているため、良い革靴にこだわるのです。
世界的に見ても靴にこだわりを持つ成功者は多くいます。

良い靴を長く履き続けるビジネスマンは、品質の良いものを長く使い続けることが質の悪い靴を何度も買い替えることよりも経済的であることを知っています。
そのしっかりとした経済感覚を示す足元は、その方が成功者である所以でもあるのでしょう。

 

良い革靴とは一生つきあうことができる

良い革靴はその品質の高さにより、極めて長い期間履き続けることも可能です。
きちんと手入れをすれば、その手入れに応えてくれるのが良い革靴なのです。
複数の靴でのローテーションを組み、3日に1度ほどのペースで履くようにし、日々のメンテナンスを欠かさず行うようにしましょう。
しっかりと手入れされ長年使用された靴には、新品では出せない味があります。
そういった靴との長い期間の付き合いができるビジネスマンの象徴です。

取引先や同僚、部下、上司と長い間真摯な付き合いをすることができることが、その人の靴との関わり方に示されているのです。

 

体型に左右されない

スーツであれば、体型が変わることで着ることができなくなってしまいます。
できるビジネスマンは体型管理にも熱意を注いでいることが多いものです。
ジムに通い筋肉量を増やすことでよりスーツの似合う体をつくることができますが、その代わりに今まで着用していたスーツに袖を通すことが出来なくなるということもございます。
しかし、靴であればそのようなことはありません。

足のサイズは体型の変化にあまり左右されないため、良い革靴への投資はスーツへの投資よりも早い段階で行っておくことができるのです。

 

おわりに

このようにできるビジネスマンは自身の品格を高め、示してくれる革靴にこだわっている傾向があります。
体型の変化によって左右されることなく履き続けられるので、早い段階の自己投資として、良い革靴を一度購入されてみてはいかがでしょうか?